メインコンテンツ

しまくとぅば普及センターについてわっしてぃや
ならんどー

センター概要

備瀬のフクギ並木(沖縄県本部町)
備瀬のフクギ並木(沖縄県本部町)

設立目的

県内各地において受け継がれてきた「しまくとぅば」は、地域の伝統行事等で使用される大切な言葉であるとともに、組踊や琉球舞踊、沖縄芝居等といった沖縄文化の基層であり、いわば沖縄のアイデンティティの拠り所でもあります。

しかし、平成21年には、ユネスコ(国際教育科学文化機関)により、消滅の危機に瀕する言語に指定されています。

消滅の危機に瀕する「しまくとぅば」の普及、伝承を一層促進させるため、普及に取り組む関係機関や団体と連携を図りながら、普及の中核的機能をはたすために設置されたのが「しまくとぅば普及センター」です。

名 称 しまくとぅば普及センター
住 所 〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 文化振興課内
(沖縄県文化協会)
電話番号 098-988-0411
設 立 2017年9月12日
設置形態 沖縄県からの業務委託による運営
センター長 波照間 永吉(はてるま えいきち)
組織体制 センター長(1名)、普及コーディネーター4名、HP・データベース担当1名、経理事務担当1名
事業概要 ・総合窓口機能(情報提供やアドバイス)
・人材の育成及び活用
・人材バンクの設置
・出前講座の提供
・普及ツールの作成 など

しまくとぅば普及行動計画

「しまくとぅば」の現状と課題について

「県内各地域において受け継がれてきた「しまくとぅば」は、地域の伝統行事等で使用される大切な言葉であるとともに、
組踊や琉球舞踊、沖縄芝居等といった沖縄文化の基層であり、いわば沖縄県民のアイデンティティの拠り所でもあります。
そのため、平成18年には、議員立法により、「しまくとぅば」の普及、継承を図ることを目的に、
毎年9月18日を「しまくとぅばの日」とする条例が制定されました。
しかし、平成21年には、ユネスコ(国連教育科学文化機関)がアイヌ語・八丈語・奄美語・国頭語・沖縄語・宮古語・八重山語・与那国語の
八つをそれぞれを消滅の危機に瀕する言語に指定し、そのうち五つが沖縄県内で使われています。
また、平成25年に行った「しまくとぅば県民意識調査」において、県民は「しまくとぅば」への親しみを持っている反面、
「しまくとぅば」を主に使う人が、全体で10%となっており、消滅の危機の実態が
数値においても証明され、更に、若年層ほど「しまくとぅば」が使えない状況が顕著となっています。
今一度、県民の皆様に、「しまくとぅば」に関心を持っていただき、その重要性について理解を深めていただくことにより、
沖縄文化の基層である「しまくとぅば」が、次世代へ継承されるような施策を展開していきます。

中期 しまくとぅば普及推進行動計画(平成28年度~平成30年度)

平成25年度に策定した、「しまくとぅば普及推進計画」に基づき、平成28年度から平成30年度までの3年間を、「県民への普及促進」の期間と位置づけ、「各地域へ県民運動の波及」するための取組を展開します。

中期 しまくとぅば普及推進行動計画 (PDF:712KB)